shota-itagaki.info
研究業績 Research

共著者:小泉陽
  1. 板垣翔大,小泉陽,田坂和広,佐藤和紀,堀田龍也 (2022年)
    アクセスログからみたGIGAスクール構想1年目の情報モラル教材の利用傾向
    全日本教育工学研究協議会第48回全国大会,発表予定 
    発行年:2022/種別:学会発表/共著者:小泉陽田坂和広佐藤和紀堀田龍也